腰痛・肩こりの原因となる疾患や損傷

腰痛・肩こりは、様々な疾患や損傷により引き起こされます。主な 疾患や損傷を下記にあげます。
?五十肩(肩関節周囲炎)
肩の関節の炎症が原因で、肩に強い痛みが起こります。
?手根管症候群
手の神経(正中神経)や指を曲げる腱(屈筋腱)が圧迫され、しびれや痛みが起こります。パソコン利用者に多くなっています。
?肥満症・極端な痩せ型・猫背
筋肉疲労が起こりやすいです。
?胸郭出口症候群
鎖骨周辺にある腕や手指に行く末梢神経の束(上腕神経叢)が圧迫されて炎症を起こします。 なで肩の女性に多いです。
?頸椎椎間板ヘルニア
頸椎は、背骨の首の部分です。各頸椎の間の椎間板の中身(髄核)が飛び出してしまい、しびれや痛みが起こります。
?むち打ち症(頸部捻挫)
損傷の度合いによって、症状は異なります。
?テニス肘(上腕骨外上顆炎)
スポーツ障害による腕の痛みです。
その他、思いもよらない病気が潜んでいる場合もあります。

ホームに戻る